コンサルティング
Consulting
コンベンション
Convection
マイム・オーガニックコットン
MIYIM / organic cotton
物流テクノロジーズ
Logistics Tech
環境ビジネス
Eco-Business
会社紹介
Introduction

RTS( Roadnet® Transportation Suite)紹介
ソリューション特徴
Territory Planner®紹介
Roadnet®紹介
MobileCast®紹介
Roadnet Info Center®紹介
FleetLoader®紹介
Performance Dashboard®紹介

Territory Planner®

  • What-if シミュレーション
  • 配送圏域の最適化シミュレーション
  • 物流拠点(Depot)シミュレーションを通じて中長期計画の樹立及び分析
  • 費用節減
  • 顧客サービス向上
  • 資源と作業量の均等な分配
  • 資源活用度の向上
  • 営業訪問の日時、サービス日時、配送日時を知能的に割り当てて手順を指定
  • 営業訪問、サービス訪問、貨物配送に対する最適化されたRouting
  • 事業拡大を対比した未来計画の樹立
  • オンシーズン、休日、罷業等に対比したシミュレーション及びシナリオ毎の配車計画樹立

配送圏域の最適化シミュレーション

現在の企業Operation状態把握(As-Is)

  • 現在運営されている物流拠点及び配送先情報をシステムにDownloadして、全社的な運送Networkを視覚的に把握
  • 過去の配送実績を分析して総物動量、運行距離/時間及び費用統計Summary
  • 企業の現行物流水準を
  • 指数化して総点表示

配送圏域の最適化シミュレーション

現在の企業Operation状態把握(As-Is)

  • Route Summary

      - 現在運営している全ての運営時間、運行距離、費用情報の確認  

配送圏域の最適化シミュレーション

シミュレーション実行及び最適化結果確認(To-Be)

  • 選択された最適化Optionに根拠して総配送距離/車両台数/運行時間などが最適化された配送圏域提示
  • 改善される売上げ/物動量/運送Capa/費用節減のマスター統計情報提示
  • システム
    Performance Evaluation Logicに根拠して企業のTo-Be物流水準を指数化して総点表示

配送圏域の最適化シミュレーション

最適化された配送圏域内にて配車計画を生成(To-Be)

  • 配車計画実行
    - 費用、貨物量、運行距離のバランス
    - 費用と顧客満足度(TW)設定によってシステムが最適の訪問周期、日時、時間、順番、経路を選定

配送圏域の最適化シミュレーション

最適化結果確認(To-Be)

  • Route Summary

      - 最適化された配送権域内の配送時の総運行時間、運行距離、費用情報の確認  

配送圏域の最適化シミュレーション

As-IsとTo-Beの結果比較: 月の費用節減効果

配車運営 – 最適化された配車結果照会

配車運営 – 最適化された配車結果照会

配送経路 View

  • 電子地図上に小道レベルの詳細な経路表示
  • 拡大、縮小、移動、検索等、多様で便利な電子地図操作
  • 経路印刷

配車運営 – 最適化された配車結果調整

配車結果のマニュアル調整

  • 配車担当者が配車結果を確認して微細調整
  • 曜日別配送経路を選択/表示
  • 曜日別に配送経路の色表示
  • マウス Drag & Dropで配送の順番調整、別の曜日、コースに変更
  • 調整結果
      時間/距離/費用
      Impact 即時確認  

配車運営 – 配車データのExport

Roadnet にデータをExport

  • 完成された配車結果をRoadnetモジュールに伝達してRoadnetのAdvanced機能を適用
    (例: 固定配車と変動配車を一緒にした混合配車)

物流拠点の最適化シミュレーション

STEP 1 拠点変更シミュレーション実行

Before Scenario

  • 現在一つのDepotですべての配送先の物量を 供給しているので顧客納期引き延ばし及び物流費用が持続的に増加している。
  • 運送時間及び運行距離を改善して顧客納期  遵守率を高めて、Total物流費用を節減する ことができる物流戦略を樹立しようとする。

After Scenario

  • Depotを理想的な位置に追加すれば運行時間 及び運送距離を大幅に減らして顧客満足度を 満たすことができる。

物流拠点の最適化シミュレーション

STEP 2 シミュレーション結果分析

  • シミュレーション前後のデータを総合分析して、企業の収益性を飛躍的に進めることができる最適の物流拠点配置戦略樹立
  • 変更/追加/統合された物流拠点別、処理しなければならない未来物動量情報を即刻で把握

レポート Sample

配送指示書

運転手別出力及び配布

  • MobileCast 使用時には端末機で運行指示 データが送信されて順次にDisplay
  • GPSの位置認識によって出発/ 到着時間自動入力処理
    (Option設定)

配送先別で詳細情報表示

  • 配送先商号/住所/連絡先
  • 配送数量/重量/体積
  • 注文数量/重量/体積
  • 開店時間/閉店時間
  • 顧客選好配送要求時間帯1&2
  • 出発予定時間/到着予定時間
  • 運行時間/作業時間/運行距離
  • 特別案内文(Special Instruction)

作業時間 = 固定時間 + 変動時間

レポート Sample

運行案内書

運転手別出力及び配布

配送先別で道路案内

  • Turn-By-Turn経路案内
  • MobileCast使用時GPSを 認識して文字及び音声案内(NATE Drive 方式)
  • スマトPhone使用時ナビゲーションとIntegration





株式会社 セゲル
(本社) 〒812-0011 福岡市博多区博多駅前2-11-22-6F
TEL : 092-415-2220 FAX : 092-577-8241 new
http://www.segel.jp E-mail : info@segel.jp
SEGEL Co.,Ltd.
(Head Office)6F,2-11-22Hakata-ekimae,Hakata-ku ,Fukuoka,Japan
TEL : 092-415-2220 FAX : 092-577-8241
http://www.segel.jp E-mail : info@segel.jp
訪問者情報 今日:80 昨日:186 全体:161,266
管理者ログイン